歯科用マウスピースについて

マウスピース矯正は誰もが受けられるというわけではなく、一定の条件を満たしていないと、受けることができないものでもあります。
この条件を満たしているかどうかで、マウスピース矯正への向き不向きを判断される傾向にあります。

基本的なマウスピース矯正の条件として、歯並びが過度に悪過ぎないことと、マウスピースを装着するために、抜歯を必要としないことが挙げられるでしょうか。

加えて、下の歯が上の歯よりも前に出ている反対咬合、上の前歯を中心に下の歯との咬み合わせが悪い不正咬合といった歯並びも、マウスピース矯正に適していないと見なされるのが一般的です。

このように、マウスピース矯正の条件が歯並びの悪さに起因すると、歯科矯正を受けたい方ほど、マウスピース矯正に適していないということになってしまうので、マウスピース矯正の持つ、歯科矯正としての効果に疑問が生じてしまうかもしれません。

ところがマウスピース矯正の条件は、マウスピース矯正の効果に問題があるというよりも、マウスピース矯正を安価で提供するために、歯科医院と歯科医師がマウスピース矯正に費やすことができる労力の限界によって、設定されている側面があります。

端的に言えば、マウスピース矯正の費用と労力のアンバランスさが、マウスピース矯正の条件を厳しくしており、金銭に糸目をかけなければマウスピース矯正に適性がない場合でも、マウスピース矯正を主軸とした、歯科矯正を受けることはできるでしょう。

TOPへ戻る