マウスピース矯正を受ける条件

歯科用マウスピースとは

マウスピースというと、ボクシングに代表される格闘技、ラグビーやアメリカンフットボールのような強く歯を食いしばるスポーツなどで装着され、歯を守るための器具として有名ではないでしょうか。

ボクシングを由来とするためか、主に格闘技やスポーツで利用されますが、マウスピースは格闘技やスポーツ以外での使用も行われており、医療用のマウスピースも開発されました。

医療用マウスピースの中には歯科用マウスピースもあり、歯ぎしり防止用のマウスピースが歯科医院で作成される他、市販もされています。
歯科医院において歯科矯正用のマウスピースが取り扱われているなど、様々な目的や用途で、バラエティ豊かなマウスピースが開発されています。

歯科矯正用マウスピース

歯科マウスピースは、歯ぎしりや食いしばりによる歯の擦り減り防止を目的とした歯ぎしり防止用のマウスピースと、歯科矯正を目的としての歯科矯正用マウスピースに大別できます。

マウスピース本来の機能の延長である歯ぎしり防止用マウスピースなら、用途も含め至ってシンプルで分かりやすいのですが、歯科矯正にマウスピースが用いられることに疑問を抱かれるかもしれません。

しかし、歯科矯正用のマウスピースはオーダーメイドの必要があるとはいえ、既存の歯科矯正で知られる矯正装置のブラケットとワイヤーを用いた矯正に比べ、歯にかかる負担が小さく必然的に歯茎への負担も軽くなるため、今後、更なる発展が期待できるなど、高い将来性があるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る