マウスピース矯正と万人が受けられない理由

マウスピース矯正と矯正歯科治療

従来の歯科矯正に比べると、身体面でも費用面でも負担が小さいマウスピース矯正ですが、マウスピース矯正に適していないと見なされてしまうと、マウスピース矯正を受けることは難しく望めないでしょう。

これは、マウスピース矯正の矯正範囲が限られていることも原因ではあるものの、マウスピース矯正のみで歯科矯正を行おうとすることにも一因があり、矯正歯科の造詣が深くないと、マウスピース矯正を十全に施せないからに他なりません。

つまり、マウスピース矯正の可否には歯科医院の扱う診療科目と、歯科医院に勤める歯科医師の技能が大きく影響し、マウスピース矯正を含めて矯正歯科を専門とした歯科医院であるかどうかも、重要なことなのです。

万人がマウスピース矯正を受けられない理由

マウスピース矯正を受ける上で歯科医院と歯科医院の扱う診療科目は、非常に重要です。
マウスピース矯正が安価であることも、マウスピース矯正を受けられない原因として挙げられます。

なぜなら、マウスピース矯正が安価である最大の要因は、ワイヤー矯正や裏側矯正に比べ歯科医師への負担が小さいからであり、ワイヤー矯正や裏側矯正並みの労力をマウスピース矯正につぎ込むことは、歯科医院と歯科医師にとって効率的とは言い難いからです。

そもそもの歯並びが悪過ぎたり抜歯が必要な歯並びであったりすると、マウスピース矯正を受けられないのは、マウスピース矯正の矯正範囲的な限界もあります。
歯科医院や歯科医師がマウスピース矯正を安価に提供できる範囲の限界でもあるのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る